世界の最強動物ランキングトップ10陸上編!規格外の動物たち!

どうもしょうじです!今回は陸上にいる世界の最強動物をぼくなりに強さでランキング化してみました。今回は毒をもつ生物は入ってません!それではどうぞ!

10位 アフリカスイギュウ

アフリカスイギュウは体長200センチ~350センチメートルに肩高は100センチ~170センチで体重は320キロ~最大で1トンにもなる巨大な牛です!生息域は南のアフリカの草原に多くいて100頭を超える群れで生活していてときには1000頭以上の群れにもなるほどです。肌が乾燥しやすく昼間の気温が高い時間帯は水や泥の中にいることが多いそうです。

食性は植物食で主に草を食べています。またそのツノの長さは1メートルを超えることもあるのです!

かなり立派ななツノです!

アフリカでは最も恐れられている動物の1つといわれている

アフリカスイギュウはとても気性が荒く時速50キロ以上で走ることができます。成獣のアフリカスイギュウは肉食動物でも倒すことが難しく逆に反撃にあって返り討ちにあうこともあるほどです!

ライオンもアフリカスイギュウ相手だと群れじゃないと歯がたちません。

9位 アナコンダ


アナコンダは全長が最大9メートルにもなる世界最大級の大蛇です。体重は250キロにもなります!アナコンダは日本では許可がないと飼うことはできません。

食性は肉食で自分より大きな動物を捕食することもあり捕食中に敵と出会った場合は獲物を吐き出して逃げることがあるそうです

また自分よりも身体が大きな動物を捕食しようとすることもあります!

アナコンダは一度の産卵で20~80個の卵を産みます。

キイロアナコンダという色の違うアナコンダもいるそうです  画像引用:爬虫類。comより

アナコンダはワニを丸のみにすこともある!

大型のアナコンダは2メートル近くのワニを丸のみにすることがあります。最大の技である太い胴体で締め上げられると並みの動物ならそこで勝負がついてしてしまいます。

アゴの骨の構造が特殊で大きな動物を丸のみできるようです。

また100キロはあろうかという豚を丸のみにしたこともあるほどです!

やはりヘビは大きくても小さくても危ないんですね(笑)

8位 ラーテル

ラーテルは体長60センチ~80センチ体重10キロ程度の小型動物で南アフリカに多く生息しています。

食性は雑食で基本的に何でも食べます。一見強そうには見えないラーテルですがギネスブックに「世界一怖いモノ知らず」と認定されるほどなんです!

ラーテルの強さの理由

さてなぜラーテルが強いかというとまずはその皮膚の分厚さです。

すごいですね!同様にライオン相手にも互角に戦うこともあります。


このように分厚いゴムのような皮膚で相手の牙も通らなく傷を負いません!また内側からの攻撃にも強くヘビに噛まれても負けることはありません。

外からも内からでも倒されることがありません。(すごい、、) そしてラーテルにはまだほかにも技がありそれは屁です!、、へ?

いや、屁なんです!(笑)これはスカンクと同じで体内から出すガスがとてつもなく激臭でまともに嗅いでしまうとあまりの臭さにのたうち回り数日間は涙が止まらない状態が続くこともあります 😕

鼻が良い動物はこれ以上にないほどにキツイ攻撃ということです。

ラーテルの詳しい生態についてはこちらを!

最強生物「ラーテル」について!「は!天敵?ライオンとか雑魚だわw」

7位 ハイイログマ

ハイイログマ通称グリズリーは体重250キロ~500キロ以上にもなる巨大なヒグマです。

生息域は主にアメリカでヘラジカや牛、魚に木の実を食べ動物の死骸もたべます。時速50キロ以上で走ることができ見た目以上に持久力もあります。

以前に比べてその数は減ってきていて絶滅の可能性もでてきています。

ハイイログマは背中のコブの盛り上がりが大きい

ヒグマ化の中でもハイイログマは背中のコブが大きいのが特徴でもあります。ハイイログマによって犠牲になった人も多く500キロ近い巨体に引っかかれるとかなりのダメージです。

イッテQでハイイログマのパワーを身をもって体験するイモトですがめちゃくちゃ迫力があります!1分40秒から

いやーこれに近いクマが北海道にもいると思うとゾッとしますね 😯

6位 ライオン

ライオンは南アフリカとインド北西部に生息しオスの体長は250センチにまでなり体重は270キロにもなります。

食性は肉食で普段はメス数匹が獲物を捕まえオスはメスたちが捕まえたエサを食べます。一匹一匹の個体が強く集団で行動することもあり陸上での生態系のトップに君臨する最強集団でもあります

やはり群れで行動するというのがライオンたちの強さの秘訣なんでしょうね!

5位 シロサイ

シロサイは370センチ~400センチで体重2200キロ~3200キロの大型動物です。食性は植物食で草などを食べます。走るスピードは時速50キロにもなります。生息域はサバンナ。

またサイは視力が低く目が悪いので目の前にいる動くモノに対して猛スピードで突進することがあります。

2トンの身体で大きなツノもあるのでその力半端ではありません!


陸上動物ではゾウに続いて2番目に大きいサイズのサイ

後姿はカバに似ています(笑)

4位 ナイルワニ

ナイルワニは全長4メートル~7メートル以上にもなり体重は1000キロを超えることもある怪物です!生息域はアフリカで1年間で500~800人もの人がワニたちの被害にあっています。

そして1匹のナイルワニが10人以上が犠牲になった実例もあるほどです、、、

ワニは噛みついた獲物をなかなか離さなく大きなエサだと身体を回転させて食べます。

ワニの噛む力は動物界最強!

ワニの噛む力はとても強くその重さは2トンにもなるので人間が噛まれたらまず離すことはできません。

陸なら足はそんなに速くないので大丈夫ですが水中ならワニの庭みたいなものなので陸とは比べ物にならないほど俊敏なので注意が必要です。

3位 キリン

キリンは陸上動物で最も背の高い動物で体長4.7メートル~5.3メートルになります。

また細く見えますが背が大きいので体重も1800キロにもなり2トン近くとその体格から放たれる蹴りは物凄い威力で体重も重たいのでとてつもない力ですまた足が長いため加速性はわるいですが時速60キロで走ることもできます

キリン同氏のケンカは首使って頭突きで戦う!

この戦いかたはネッキングと呼ばれるものでメスをめぐってオス同士がよく行うものらしいです。

無表情で首を回して戦うキリン(笑)   画像引用:ウェブ

2位 カバ

カバは体長4メートル体重2000キロでゾウ、サイに続いて世界で3番目に重たい陸上動物です。

南アフリカに生息しています。カバは言わずも知れている動物界ナンバーワンの危険生物です!

その大きな口は150度も開くことができあらゆる敵を翻弄します。時速30キロで走ることもでき水中でも地面を蹴って泳ぐのではなく走るといいます。

下アゴに生えている大きな歯は噛むたびに上の歯と擦りあい鋭くなっていきます。

この大きな歯でワニを真っ二つにしたこともあるほど!

またカバ非常に気性が荒く短期なので現地の人たちからライオンよりもカバのほうが100倍危険と口を揃えて言うんだとか、、、

カバの詳しい生態ならこちらもどうぞ!

大型動物カバの生態や食性、危険性。動物界最強との呼び声も!

カバは1年間で約3000人が犠牲になっている!

ウソのような話ですがカバは1年間で多いときで3000人もの人間が犠牲になっているのです!めちゃくちゃ危険です!

恐らくけが人を入れると1万人を超えると思われます。カバ最強説を断言する専門家がいるのもわかる気がしますね 😕

日本ではクマに怪我をさせられただけでもニュースに取り上げられるほどなのに。。

あのビルゲイツ氏がまとめた世界で最も人間が犠牲になっている生物ランキングでもトップ10に入るほどです。その恐ろしさはテレビでも取り上げられています!

いやーほんとにカバ危険すぎますね

1位 アフリカゾウ

1位は文句なしにアフリカゾウです!体長7メートル体重10トン牙は3メートルを超えます

食性は植物食で主に草をたべます。

動物は単純に身体の大きな方が基本的に強くゾウは2番目に大きいサイの4倍以上のサイズなのでまず成獣のゾウにはライオンも立ち向かいません。しかもゾウは群れを作るので他の動物たちは道を開けるしかない絶対的な存在です。

ゾウが相手だとさすがのカバも、、

そしてサイも、、

逃げるしかありません。いやーサイが小さく見えます(笑)

やはり身体の大きいゾウが強かった!

これだけ大きいと勝負になりませんね(笑)しかも群れで行動をするのでなおさらです 😎 ゾウ最強!!ってことで今回はこのへんで

どーだったでしょうか!これがぼくなりの考えですがカバは本当に危険なんだとおもいました(笑)この記事を見て思ったことなどあればコメントもらえるとうれしいです!さいごまで見ていただきありがとうございました!

 

Sponsored Link

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です